<< 第31話 成長するタイプ | main | 第34話 天才本領発揮 >>

第33話 ナメルな

JUGEMテーマ:SLAM DUNK

 

伸吾とロージャスが交代する

ポパイ「どうだレブロンは?」

伸吾「最高です」

   伸吾満面の笑み

 

キャブスボールスタート

麻紀「さあここから反撃よいくわよみんな」

全員「おう」

 

麻紀やや深めに守る

 

ニヤリ シュ パスツ

 

麻紀「クソ スリーも打ってるのかよ」

 

  〈入ってよかった〉

 

  「よし すまない 1本だ」

 

全員「おう」

 

  ダム ビツ キュ ダ シュ パスツ

 

麻紀「よし」

 

  麻紀は、オフコートの動きでレブロンを何とか振り切る

 

  〈この女手ごわいぞ〉

 

   ダム ズバッ ! キュ バチン

 

麻紀「ナメルナよ」

 

伸吾「さすが麻紀止められないなら止める必要がないようにディフェンスをやる」

 

ポパイ「ああさすがだよでもお前がそれをやってもダメだぞ」

 

伸吾「はい」

 

   ダム キュ フワ ガシツ ピイイイイディフェンス

 

レブロン「こいつワザとだな」

 

    少しムキになるレブロン

 

スノー「いい加減にしろレブロン」

 

レブロン「はい」

 

    〈うるさい奴だ〉

 

ポパイ「本当に凄いなあの子」

 

   「だがここからだよ」

 

伸吾「そうですね」

 

   その後冷静になったレブロンしっかりチームで対応するようになると身体能力的にやっぱり叶わない麻紀

   ただ回りと連携でよく守っている

 

 

   2ℚ途中でレブロン下げる点差は、少し盛り返して20対44

 

   道中よくパス回し全員攻撃と守備などを実践できた

 

仙道「よし 次は、俺が止める」


スポンサーサイト

  • 2020.07.23 Thursday
  • -
  • 13:53
  • -
  • -
  • -
  • -
  • by スポンサードリンク

コメント
コメントする









calendar
      1
2345678
9101112131415
16171819202122
23242526272829
3031     
<< August 2020 >>
PR
selected entries
categories
archives
recent comment
links
profile
search this site.
others
mobile
qrcode
powered
無料ブログ作成サービス JUGEM