<< 第30話 トレード成立 | main | 第31話 成長するタイプ >>

第31話 レブロンに挑めマブスの若武者達 「おかしい」

JUGEMテーマ:SLAM DUNK

 

レブロン〈今日は、ノビツキーさんがいないしスタックハウスさんも出ていない負けられないぞ〉

 

ポパイ「伸吾 仙道 麻紀」

 

   「三人で、PGを兼用するんだ。」

 

   「まず1ℚが伸吾2ℚが麻紀3ℚが仙道」

 

伸吾「若手のトップと言われるレブロンを倒してこいだな」

麻紀「そういう事ね」

 

仙道「参ったな」

 

ポパイ「そのくらいのやる気でいい」

   「少しでもトッププレイヤーしかも年齢の近い人とのマッチアップいい経験になる」

 

   試合開始まずマブスボールからのスタート

 

伸吾「いくぞ レブロン勝負」

 

  ダム ヨシ 抜いた

 

  シュ バチン

 

レブロン「お前やるな」

 

    「それヨイ―ドーン」

 

    ダム

    〈いただき〉

 

    フワ ワー

 

    レブロンにダンクに行く

 

伸吾「クソ 止められない」

 

  〈コイツ今ファウルならできたはず〉

 

レブロン「面白い来いシンゴ」

 

     ダム ダム グイ クル 

 

伸吾「今度こそ抜いたぞ」

 

   シュ バチン

 

レブロン「どうだ」

 

     〈抜いてもすぐに追いついてくるもっと早くもっと高くだ〉

 

    この試合7分経過もずっと伸吾のアイソレーションを繰り返す。マブス

 

    得点を見るも無残 0対23

 

    〈おかしいなぜマブスタイム取らないし誰も何も言わないその上で、パスもしない〉

 

     全部1対1を繰り返すだけ。

 

ポパイ「計算通りだでも…」


スポンサーサイト

  • 2020.07.23 Thursday
  • -
  • 13:30
  • -
  • -
  • -
  • -
  • by スポンサードリンク

コメント
コメントする









calendar
   1234
567891011
12131415161718
19202122232425
262728293031 
<< July 2020 >>
PR
selected entries
categories
archives
recent comment
links
profile
search this site.
others
mobile
qrcode
powered
無料ブログ作成サービス JUGEM