<< 第13話 神奈川ナンバーワンスコアラーへの道 | main | 第15話 仙道対福田? 仲良しコンビ >>

スポンサーサイト

  • 2020.07.23 Thursday
  • -
  • -
  • -
  • -
  • -
  • by スポンサードリンク

一定期間更新がないため広告を表示しています


第14話 仙道はアメリカ流

JUGEMテーマ:SLAM DUNK
 

その夜沢北の記事のコピーを読む仙道と流川


{ニョロウ} {沢北?ああ北沢}



     {アメリカか}


     {プロね}


    二人はそれぞれ刺激を受けった様子


流川 「監督 練習させてください」


安西 「流川君 一時間だけですよ」



仙道 「流川 まだ練習するのか」


流川 「当たり前だ」


       ……


   {コイツまさか}



   翌日


仙道 「流川お前さバスケ意外にスポーツ何かやった事あるのか?」



流川 「ないよ」



仙道 「それじゃ部活のない日は何をする」



流川 「バスケだ」



仙道 「流川一つアドバイスだ」



流川 「何だ」



仙道 「他のスポーツをやるとバスケにいかせるぞ」

    

    「俺は小学校の時はバレーとサッカーをしてたんだ」



    「休みの日はほとんど釣りで気分転換している」




流川 「何がいいたいんだ」



仙道 「……後は自分でかんがえるんだな」




     仙道はやる気のある時に練習する方が伸びる


     それともっと視野を広げる事を言いたいのだ


     かつてあのマイケルジャーダンもバスケを辞めて


     大リーグ挑戦


     コ―ビーもイタリアでサッカーをやっていた


   
     アイバーソンはアメフトかバスケどっちでプロになるかぐらいの腕前



     T・マックもドラフトにかかるぐらいの投手



     アメリカ人はいろんな事にトライして最後にプロになる



     日本人のほとんどが野球なら野球をする


     サッカーならサッカーをする


     バスケならバスケと偏る傾向にある



     仙道は少し向こうのやりかったに近い
 


     桜木も喧嘩で鍛えた瞬発力とパワーがリバウンドに生きている



     つまり流川もっとゆとりを持ってプレイをした方がいいと言ったかった




    2日目


    福田はだんだん入るようになった

    5本中2本ペース



    安西も関心した事がある


    それはプライドの高いのに意外にも素直である事だ

スポンサーサイト

  • 2020.07.23 Thursday
  • -
  • 23:42
  • -
  • -
  • -
  • -
  • by スポンサードリンク

コメント
ちょっと誤字が多すぎて片言になってしまって、もったいない。
  • 2014/08/01 7:55 PM
コメントする









この記事のトラックバックURL
トラックバック
calendar
  12345
6789101112
13141516171819
20212223242526
27282930   
<< September 2020 >>
PR
selected entries
categories
archives
recent comment
links
profile
search this site.
others
mobile
qrcode
powered
無料ブログ作成サービス JUGEM