スポンサーサイト

  • 2018.03.21 Wednesday
  • -
  • -
  • -
  • -
  • -
  • by スポンサードリンク

一定期間更新がないため広告を表示しています


第26話お前はお前なんだ

3ℚまでは、スタックハウスがボールを独占しながら得点とアシストを量産した

 

45点15アシスト10リバウンドまさにスーパーエースの働き

 

一方のサンズはナッシュを中心に7人が10点を超える活躍

 

85対88でマブスがリードで迎える

 

残り10分マブスボールでスタート

 

ダム ダム ビツ 

 

 

スタックハウスにダブルチーム

 

すかさず桜木にパス

 

シュ ガーン

 

まだフリースロー以外は、点がない桜木

 

アマレのリバウンドからビツ

 

ビツ ドラア ナッシュのアシストからマリオンのダンク

 

 {俺が決めていれば}

 

 桜木フリーで5分の0

 

 ダム バチン アウトオブバンズ

 

 桜木とノビツキー変わる

 

ポパイ「ドンマイ」

 

ロジャース「まだ力みがあるぞ」

 

桜木「わかっているさ」

 


ポパイ「桜木伸吾のプレイをよく観るんだ」

 

    ダム ビツ ビツ シュ ガーン

 

伸吾「ダメだ」

 

 

  サ バチン リバウンド争いがボールがこぼれたら即ルーズボールを伸吾取る

 

 

伸吾「よし挽回」

 

  伸吾素早く

 

 

  ビツ シュ パスッ

 

伸吾「さすがスタックハウスさん」

 

スタックハウス「いやナイスパス」

 

桜木「伸吾は何も考えていないんだ」

 

ポパイ「あいつは失敗を恐れないんだ」

 

   「切り替えも早い」

 

   「全部決めるのは誰にもできないんだ」

 

ロジャース「一番下手くそがカッコつけるなよ」

 

 

    プロになってもまだまだこういう部分は残っている桜木

 

ロジャース「何俺も何試合も0点というときはあったさ」

 

     「お前はお前なんだ」

 

     「大丈夫お前はプロでも通用している」

 

 

      試合はナッシュのスリー 仙道のダブルクラッチ

 

      マリオンのスリー   ノビツキーのスリー

 

 

     4分が経過してサンズのタイムアウト

 

 

桜木「俺は俺か」


第25話 初得点

JUGEMテーマ:SLAM DUNK

 

2ℚ 桜木とノビツキーが変わる

 

 

ダム ダム ビツ ビツ ダム ビツ シュ 

 

クエンティン・リチャードソンのスリーが決まる

 

ダム ダム ビツ ビツ ビツ ビツ ガシッ シュ ガーン 

 

スタックハウスがフリーになると迷わずスリーを打つ

 

サ キュ リバウンドは桜木が取る

 

桜木「天才」

 

  クル フワ 直接ダンクへ

 

アマレ「させない」

 

 

   ピイイイ ディフエンス ファウル

 

   {よし 久しぶりにやってみるかな}

 

   下投げのフリースロー

 

 

   オオオオ

 

   現役選手でやる選手はいないので注目集める

 

   シュ クル クル パスツ

 

 

観客「入った」

 

  {よかった初得点}

 

   シュ パスッ

 

 

  二本とも決めた

 

麻紀「凄い桜木さん」

 

伸吾「さすが天才」

 

仙道「よかったな初得点」

 

  「ひさしびりだな」

 

  「今度は普通に決めて見せろ」

 

 

  フリースローの間にロジャースがスタックハウスと交代

 

 

ロジャース「いいなそれ俺もやってみようかな」

 

 

 

ポパイ「よかったやっと初得点」

 

スタックハウス「メチャクチャだな」

 

 

ビツ クル ドラア

 

伸吾「この人早い高い」

 

   アマレの豪快のダンク

 

 

   ダム ビツ ダム クイ シュ ピイイイ ディフエンス

 

ロジャースのフリースロー

 

 

   シュ パスツ

 

ロジャース「これ打ちやすいな」

 

桜木「クソ俺のフリースロー」

 

 

  シュ パスッ

 

 

  ロジャースの真似技炸裂 


第24話 スタックハウスの日 その2

JUGEMテーマ:SLAM DUNK

 

 

ダム ダム ズバッ ビツ  ドラア

 

  ナッシュからマリオンのダンク

 

 

  ダム ビツ シュ ガーン

 

  スタックハウスが8連続をならない

 

  ガシッ ビツ ダム ダム シュ パスッ

 

  相手が嫌がるところで決めるのがナッシュのスリー

 

  ダム ビツ クイ ダム ダム

 

  スタックハウスがドライブで切り込む

 

  ドラア

 

  今度はダンクを決める

 

  ダム ダム ビツ グイ クル ドラア

 

  アマレがダンクを決め返す

 

  ダム ビツ ダム ダム ガシッ ビツ ドラア

 

  スタックハウスが今度は伸吾にアシスト

 

  1ℚはその後も点の取り合い10連敗中のマブス38対30でリードで終わる

 

  スタックハウスの勢いはまだ続く再びスリーをいきなり決める

 

  スタックハウスこれで26点3アシスト2リバウンド2スティール

  

  まさにエースの活躍このまま勝利に導けるか


第23話 スタックハウスの日その1

JUGEMテーマ:SLAM DUNK

 

 

ダム ダム ビツ シュ ガーン サ ガシッ

 

伸吾「スタックハウスさん」

 

  ビツ ダム  シュ

 

 

スタックハウス速攻で迷いなくスリーを打つ

 

 

  パスッ

 

 

  ダム ダム ガシツ ビツ ドラア

 

  ナッシュとアマレのピックアンドロール

 

 

 ダム ビツ ダム ビツ グイ グイ ビツ ビツ シュ

 

 今度は時間がない状態でスリーを打つスタックハウス

 

 パスッ

 

 

 ダム ダム ガシツ シュ パスッ

 

 

  ダム ガシツ ビツ シュ パスツ

 

 

  スタックハウスこれ5連続スリーを決める

 

ロジャース「すげえな俺の7本に届くかな」

 

 

 ダム ダム ビツ グイ クル バチン

 

 絶好調スタックハウスがスティール

 

 ダム ビツ

 

  スタックハウスのアイソレーション

 

 

  ダム シュ ピイイイ 

 

 フインリ―がファウルで止めようしたが

 

  クルクル パスツ

 

  シュ ガーン  ガシツ ビツ バチン ダム シュ パスツ

 

 

  スタックハウスがフリースローを外しアマレがリバウンドを取ってアマレの不用意のパスをスタックハウスがカットして再びスリーを決めた

 

ポパイ「これで並んだな」 

 

 

  スタックハウスの勢いは止まらない


第22話 スタックハウスのスタメン起用

JUGEMテーマ:NBA

 

 

開幕から10試合が経過マブスは10連敗と最下位

 

今日の相手は強豪スパーズと並んで首位のサンズ

 

サンズは開幕から移籍したナッシュのアシストが冴えにさえる

 

若き身体能力最強の呼び声高いアマレとマリオンインサイド

 

アウトサイドからフインリーとQちゃんが襲いかかる

 

今年のNBAトップのオフエンス力が武器

 

ポパイ「今日はスタックハウスをスタメンで起用する」

 

   「桜木が控え」

 

   「スタックハウスSFいけるか」

 

 

スタックハウス「任せろ」

 

ポパイ「今日の試合は君にボールを集める」

 

   「エースとしてガンガン攻めてくれよ」

 

スタックハウス「はい」

 

ロジャース「ポパイヘッドあんたよくやるよ」

 

桜木「何で俺が控えなんだよ」

 

ロジャース「大丈夫だ 出番はある」

 

     「試合をしっかり見るんだ」

 

     「そして0点を何とかしないとな」

 

桜木   「クソ」

 

 

 

    ダム ビツ シュ パスッ

 

スタックハウス「よし」

 

 

   いきなりスリーを決める

 

 

   ダム ダム ダム ズバッ ビツ

 

アマレ「いただき」

 

  バチン

 

 

   スタックハウスがスティール

 

 

   ダム ダム シュ

 

フインリ―「調子に乗るな」

 

    {大丈夫バランスを崩した}

 

 

    パスツ !

 

 

スタックハウス「今日はいい外す気がしない」 

 

 

次回スタックハウスの日に続く


第21の2 18禁のため18歳以下は読まないでください   世界一好き

JUGEMテーマ:SLAM DUNK

 

 

桜木「まさか伸吾と麻紀ちゃんはセックス経験がないの」

 

伸吾「ないよ 僕童貞だもん」

 

麻紀「セックスなんかして子供ができたり病気になったらバスケできなくなるわ」

 

伸吾「まさか桜木さんはもう経験済みですか」

 

桜木「まあな」

 

  少し小声で顔が赤い桜木

 

仙道「俺も経験者だよ」

 

 

麻紀「少し以外だわ」

 

 

仙道「俺はいろんな事をしたいんだよ」

 

ロジャース「いいな 若い奴は童貞とか処女とか羨ましいよ」

 

 

仙道「麻紀は子供いらないのか?」

 

麻紀「そりゃ私も女だから子供は欲しいわよ」

 

  「でも世界一になってからでも遅くはないわ」

 

伸吾「また俺が世界一になっても辞めるんだよな」

 

麻紀「それは契約次第や気持ちの問題もあるからはっきり約束できない」

 

  少し泣いている伸吾

 

仙道「おい なくな麻紀が困っているぞ」

 

  「麻紀はお前以外にセックスもしないし子供作らない安心していい」

 

  「男ならどんと待てやれよ」

 

麻紀「さすが仙道さん」

 

伸吾「ダメ 麻紀は渡さない」

 

仙道「いくら俺が興味があっても麻紀が首を縦に振らないさ」

 

麻紀「仙道さん ごめんなさい」

 

 

仙道「こういうときはありがとうでいいんだよ」

 

 

麻紀「ありがとう」

 

 

  {可愛い}


第21話 バスケ馬鹿

JUGEMテーマ:SLAM DUNK

 

 

仙道「一応注意しときます」

 

  「伸吾と麻紀と同じ練習をしても上手くいくかわかりません」

 

桜木「特にこの二人はバスケ以外は興味がないんです」

 

  「バスケをしていれば幸せという変わり者なんです」

 

麻紀「なによ これじゃ私たちがバスケ以外にやっていないみたいじゃない」

 

伸吾「麻紀それ否定できないよ」

 

ロジャース「確かに俺には半分でも無理だ」

 

 

    … … …

 

    ここは18禁のために話を飛ばします

  

    読みたい人は21の2を読んでください

 

   

    翌日

 

ポパイ「おお早いな 二人とも」

 

伸吾「ポパイさんは朝のコーヒーですか?」

 

 

ポパイ「そうだよ」

 

麻紀「伸吾 私達も少し早いけど休憩にしない」

 

伸吾「うん」

 

 

  ポパイは現役時代から朝はマブスのホームの喫茶店でコーヒーを飲むのが日課になっている

 

 

ポパイ「そのくらい前からやっているの」

 

 

麻紀「2時間前」

 

ポパイ「6時から」

 

   「昨日は何時まで練習したの」

 

麻紀「10時です」

 

伸吾「短いよな」

 

麻紀「仕方ないわよ 寝るのも大事なトレーニングよ」

 

 

ポパイ「全然短くない」

 

   「むしろやり過ぎだ」


第20話 スタックハウス爆発

JUGEMテーマ:SLAM DUNK

 

 

第3ℚ終了後

 

65対93と大差が開いた結果

 

どちらもスタメンを下げてしまう

 

スタックハウスは、ポパイから君の好きにしていいよと言われて

 

1人だけ消化試合とは思えない大活躍で

 

4ℚだけで15点を挙げてもう反撃に転じたが最終的には90対109でヒートが勝利した

 

ポパイは改めてスタックハウスはこのチームにはいらない

 

ただトレードの価値を上げるためには活躍する機会を与える考えだ

 

ポパイ「収穫の多いいい開幕戦だった」

 

   「君達はまだ若い頑張り次第でまだまだ伸びるはずだ」

 

 

伸吾「じゃ麻紀これから練習しようよ」

 

麻紀「うん じゃ行こうか」

 

  「その前に今日の経験から練習メニューを作りましょう」

 

伸吾「そうだね」

 

ロジャース「もう練習するのか」

 

仙道「あの二人はいつもそうだよ」

 

桜木「伸吾それに麻紀ちゃん俺にも練習メニュー作ってくれよ」

 

伸吾「いいけど俺と同じメニューやる」

 

桜木「うん 内容次第かな」

 

仙道「この二人の練習メニューは普通にこなすのはまず無理だよ」

 

 

麻紀「よし もうできるわよ」

 

 

桜木「ありがとう 参考にするよ」

 

伸吾「麻紀もう少し練習時間増やせない」

 

ロジャース「これでも増やすのか」

 

麻紀「ダメ これ以上はやり過ぎ」

 

  「一日10時間は休まないとだめなの」

 

ロジャース「バスケの練習を一日14時間」

 

 

     ロジャースは!した様子

 

 

 


第19話 最強への道

JUGEMテーマ:NBA

 

 

ここでヒートがタイムアウト

 

伸吾「ポパイさん僕と桜木さんを変えてください」

 

ポパイ「伸吾どうしたんだ」

 

伸吾「少し足が…」

 

  … …

 

 伸吾の顔をよくポパイが見る

 

ポパイ「わかった桜木センターに入れそしてシャックにマークにつくんだ」

 

桜木「おうよ任せろ」

 

仙道「大丈夫か?」

 

  「相手は最強の怪物だぞ」

 

  「まあいいか」

 

  「よしいくぞ」

 

全員「おう」

 

 

  ビツ シュ ガーン ド ドーン ドラア

 

シャック「すまん いるの気が付かなった」

 

 

   ダム ビツ ダム シュ ガーン ビツ

 

桜木「何てパワーだ」

 

  「伸吾のヤツこんな奴とプレイしていたのかよ」

 

   桜木は一瞬高校一年時の山王戦を思い出していた


桜木「コイ シャック」

 

 

  ダム ビツ グイ グイ ド ドーン ドラア

 

 

  桜木が腰を落としても全然止められない

 

赤木「ダメだ 今の桜木じゃ話にならん」

 

伸吾「桜木さんもわかってきたようだな」

 

  「これからの課題」

  

ポパイ「課題てなんですか?」

 

伸吾 「パワーです」

 

   「パワーがないとリバウンドを取れない」

 

   「麻紀と仙道さんもウエイドマッチアップして課題を見つけたようだ」

 

ポパイ「二人の課題は?」

 

 

伸吾「スピードです」  

 

 

  「スピードがないとあのドライブ止めきれない」

 

ポパイ「いきなり最強コンビとマッチアップできてラッキーだな」

 

伸吾 「ラッキーです」

 

 

   最強への道は険しいが道筋ははっきりした   

 

 

 

  


第18話 ロシャース覚醒

JUGEMテーマ:SLAM DUNK

 

 ダム  ビツ ズバツ ビツ ドラア

 

 ウエイドからシャックへ

 

 

 ダム ビツ グイ グイ クル ビツ

 

 サ シュ

 

麻紀「ナイスパスロジャースキャプテン」

 

  ロジャースがスピンムーブからフリーで走り込んだ麻紀へパス

 

  ダム ビツ ビツ グイ クル ビツ

 

  サ シュ 

 

 

  今度はシャックからウエイド

 

  ダム ビツ ビツ シュ キュ ビツ

 

  ドラア

 

  仙道から桜木からロジャースがシュート体制から伸吾にパスそれをダンクを決める

 

仙道「この人本当にパススキルも多彩だな」

 

ポパイ「ロジャースは1番から6番までこなす器用な才能がありながら今までずっとどこか変だった」 

 

   「それがキャプテンになってなくなったきた」

 

 

   ダム ダム ズバッ ビツ シュ ガーン 

 

桜木「いただき」

 

 

   ビツ  ダム ダム

 

ウエイド「ここはいかせない」

 

 

仙道「さすが早いな」

 

 

  ビツ  シュ

 

ロジャース「よし これは入る」

 

 

  パスッ 

 

ノビツキー「あれ俺のシュートに似っている」

 

ポパイ「ロジャースはほとんど見れば何でもできる才能がある選手なんだ」

 

 

   肘パスはジェイソンウイリアムス

 

   さきのスピンムーブからのパスはシャック

 

ポパイ「そろそろ交代だなノビツキー」

 

   「桜木と交代だ」

 

   「はい」

 

 

   ダム ビツ ビツ シュ 

 

   ハスレムがミドルを決める

 

 

   ダム ビツ クイ ズバッ エイ キュ ドラア ガーン

 

   ロジャースTOロジャース惜しくも失敗

 

   サ ドラア

 

   仙道がリバウンドからのダンクを決める

 

 

   ダム バチ  ピイイイ アウトオブバンズ ヒートボール


calendar
      1
2345678
9101112131415
16171819202122
23242526272829
3031     
<< December 2018 >>
PR
selected entries
categories
archives
recent comment
links
profile
search this site.
others
mobile
qrcode
powered
無料ブログ作成サービス JUGEM